乾燥材

【読み方:かんそうざい、分類:部材】

乾燥材は、建築用材等として、使用する前に予め乾燥させた木材のことをいいます。これは、木材に含まれる水分を一定水準まで減少させることにより、使用時の寸法の狂いやひび割れなどを防止し、強度を向上させる効果があります。

一般に住宅に使用する木材は、水分が多すぎると、後で反りや曲がりなどの原因になることがあるので、乾燥した材料(乾燥材)を用います。なお、木材の乾燥方式には、天然乾燥によるもの(数カ月~1年程度で含水率15%程度まで下げることが可能)と、人工乾燥機によるもの(数日間で含水率10%以下まで下げることが可能)があります。