バスルーム

【読み方:ばするーむ、分類:間取り】

バスルームは、「浴室」とも呼ばれ、住宅において、浴槽やシャワーなどが装備されている風呂場のことをいいます。これは、防水処理された、天井・壁・床・ドア、浴槽、カウンター、水栓金具、化粧鏡、照明、収納部分などから構成されており、その種類には、最も一般的な「浴室専用タイプ」、シャワーブースのみの「シャワールームタイプ」、洗面台やトイレと一緒になった「洋式バスルームタイプ」などがあります。

今日では、一戸建マンションなどを問わず、バスルームには工業生産されたユニットバスが主流となっています。また、その広さは、ユニットバスの縦横の大きさにより簡略化され、1200mm×1600mm(=約0.75坪)なら「1216」、1600mm×1600mm(=約1坪)なら「1616(1坪タイプ)」、1600mm×1800mm(=約1.25坪)なら「1618」と表記されています。なお、商品面では、快適性を追求したものやバリアフリーに対応したものなどが人気があります。