床の間

【読み方:とこのま、分類:間取り】

床の間は、住宅において、和室の正面上座にを一段高くして作られた掛軸や花瓶などを飾る場所(空間)のことをいいます。これは、和室の室礼(しつらい)の一つで、通常は、床柱や床がまち、床板(床畳)、落し掛けなどで構成され、周囲の畳より一段高くして作られ、に掛軸や書画などを掛けたり、床に置物や花瓶などを飾ったりします。また、床の間のある部屋においては、床の間を背にして座る位置が上座であり、その部屋の中心となります。

一般に床の間は、床の仕上げにより「板床」と「畳床」があり、その形式としては、本床や蹴込床、踏込床、洞床、袋床、釣床、織部床、置床などがあります。ちなみに、床の間は室町時代に生まれ、安土・桃山から江戸時代にかけて完成したと言われています。

・本床:銘木の床柱や床がまちを付けた格調の高いもの
・置床:移動可能な台を置くだけのもの