無垢材

【読み方:むくざい、分類:部材】

無垢材は、「無垢」や「正物」とも呼ばれ、集成材のように加工されたものではなく、純粋に一つの材質でできている木材をいいます。これは、表面に何かを張ったり、集成して作ったりしたのではなく、一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したものです。そのため、木が持つ本来の質感や風合いという面で魅力があり、化学物質を含まない自然素材としても注目されています。

一般に無垢材には、調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収し、逆に乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、縮んだり膨らんだりする性質があります。また、優れた断熱性もあり、周囲の温度に影響されにくいため、夏は涼しく、冬は暖かい環境を生み出します。