基礎伏図

【読み方:きそふせず、分類:図面】

基礎伏図は、設計図書の一つで、基礎の配置や形状を表示した図面のことをいいます。これは、住宅戸建て)においては、通常、1/100または1/50の縮尺が用いられ、建物の基礎全体の形状を上から見下ろして表したものとなっています。また、本図面には、基礎やコンクリート部分、アンカーボルト床下点検口などの他に、鉄筋の太さやピッチ、コンクリート厚、防湿フィルム敷込なども記載されています。なお、基礎伏図凡例などでは、基礎配筋詳細図や人通口配筋詳細図、ホールダウンアンカー・アンカーボルト位置図なども記載されています。