鴨居

【読み方:かもい、分類:内装】

鴨居は、住宅和室において、障子引き戸などの建具をはめ込む、開口部の上に渡す溝付きの横木のことをいいます。また、開口部の上部に取り付けられた鴨居に対して、下部に取り付けられたものを「敷居」と言い、それぞれ対となっています。

一般に鴨居は、障子や襖などの建具を滑らせるために、横木には溝を彫るか、レールを設けてあります。また、その種類には、片引き戸で溝が一本しかない「一筋鴨居」、建具を入れないため溝が彫られていない「無目鴨居」、厚みがあって上部の荷重を支える構造材を兼ねた「指(差し)鴨居」、欄間に用いるために通常よりも薄くした「薄鴨居」、開口部のない壁面に本来の鴨居と同じ高さに設ける化粧材の「付け鴨居」などがあります。

なお、その名称に「鴨」という水鳥の名を付けているのは、火難除けの願いからだと言われています。