敷居

【読み方:しきい、分類:内装】

敷居は、住宅和室において、障子引き戸などの建具をはめ込む、開口部の下に渡す溝付きの横木のことをいいます。また、開口部の下部に取り付けられた敷居に対して、上部に取り付けられたものを「鴨居」と言い、それぞれ対となっています。

一般に敷居は、障子や襖などの建具を滑らせるために、横木には溝を彫るか、レールを設けてあります。また、敷居の磨耗防止と建具を滑りやすくするために溝にはめ込む部材を「埋め樫」と言い、また建具を入れないため溝が彫られていないものを「無目敷居」と言います。

通常、敷居の上端は、畳の厚さに揃え、廊下などの板面から3cm程度上げますが、バリアフリーに対応する場合は、敷居でつまづいたりしないように、に敷居を埋め込むなどして段差を設けません。