【読み方:のき、分類:構造】

軒は、住宅などの建物において、屋根の下端で、建物の壁面より外に突出している部分をいいます。これは、建物の外壁から屋根が張り出した部分であり、風雨や日光をよけ、外壁や開口部を保護する役割を持ちます。また、軒の端部(先)を「軒先」、軒の下(軒に覆われた所)を「軒下」と言います。