方形屋根

【読み方:ほうぎょうやね、分類:屋根】

方形屋根は、屋根形式の一種で、中央の一点を頂点として、四方に傾斜する四つの面で構成する四角錐(背の低いピラミッド)のような形の屋根をいいます。これは、寄棟屋根の一種で、五重塔などの寺社建築等でよく見かけられます。また、屋根とは、建物の上部につけた覆いの部分をいいます。

一般に方形屋根は、寄棟屋根と同様、外壁を風雨から守る効果は高いですが、一方で屋根裏の換気には十分に配慮する必要があります。