人通口

【読み方:じんつうこう、分類:基礎】

人通口は、建物基礎において、連続して点検作業が出来るようにした欠き込み部分のことをいいます。また、基礎とは、建物の重さを地面(地盤)に伝えるために最下層に設ける構造部分のことをいいます。

一般に基礎の立ち上がり部分において切れ目がないと、後で床下を点検する時に床下全体の点検ができなくなります。そのため、これに対処するために、基礎工事の時に、部分的に基礎を切り欠いた人通口を入れます。