下葺材

【読み方:したぶきざい、分類:屋根】

下葺材は、「ルーフィング」とも呼ばれ、屋根葺材の施工に先立ち、防水を目的に屋根の下地に貼るシート状材料のことをいいます。通常、住宅では、屋根を雨水や湿気から守るために、アスファルトルーフィング(フェルト状の原紙にアスファルトを浸透・被覆し、表裏面に鋼物質粉末を付着させたもの)が使用されることが多く、またその他に改質アスファルト系やブチルゴム系のものも使われます。