水切り

【読み方:みずきり、分類:水切り】

水切りは、建物において、水切れを良くするために、接合部などに取り付ける部材(鉄板・銅板・アルミ板・ステンレス板等)、または上げ裏面から下げて仕上た部分や溝のことをいいます。これは、建物の外部回りの突き出した箇所にかかる雨水が下端に回り込まないようにしたり、また内部への水の浸入を防止したりするために設けるもので、通常、住宅戸建て)の場合、基礎の境目、壁と屋根の境目、窓の下枠部分、の先端などに設けられます。