土台水切

【読み方:どだいみずきり、分類:水切り】

土台水切は、外壁の一番下に取り付けて見切りをつけ、伝い落ちる雨水を外へ誘導する部材(水切り)をいいます。また、水切りとは、建物において、水切れを良くするために、接合部などに取り付ける部材(鉄板・銅板・アルミ板・ステンレス板等)、または上げ裏面から下げて仕上た部分や溝のことをいいます。

一般に木造住宅では、外壁から伝わった雨水が土台に侵入しないようにするために「土台水切」を設けます。なお、高気密・高断熱住宅向けには、基礎外断熱に対応する吸気用部材もあります。