天井点検口

【読み方:てんじょうてんけんぐち、分類:点検口】

天井点検口は、建物において、天井裏のメンテナンスのために天井面に設けられた点検口のことをいいます。これは、建物の維持管理において重要なものであり、住宅の場合、押入れクロゼット廊下(ホール)などの天井部分に設けられ、通常、人が出入りできる大きさがあり、機械や設備配管の操作や点検・修理などに利用されます。