床下点検口

【読み方:ゆかしたてんけんぐち、分類:点検口】

床下点検口は、建物において、床下のメンテナンスのために床面に設けられた点検口のことをいいます。これは、建物の維持管理において重要なものであり、住宅の場合、押入れや床下配管の接続部分近くの床面などに設けられ、通常、人が出入りできる大きさがあり、配管の点検や修理などに利用されます。また、キッチン洗面所に「床下収納」を設ける場合は、これを床下点検口として兼ねることも多いです。