木工事

【読み方:もっこうじ、分類:工事】

木工事は、木造住宅において、大工さんが担当する、木材の加工を含め、木造の骨組みを作る、軸組・床組・小屋組の工事および造作工事などのことをいいます。これは、木造軸組工法(在来工法)では、建築過程で最も重要な工事となります。また、実際の過程(工程)は、通常、下記の四段階に分けられ、その出来具合で住宅の品質が大きく左右されることもあります。(木工事が悪ければ、欠陥住宅になることもあり)

(1)土台からを立ち上げ、など横木を渡し、主要な骨組みを作る。
(2)筋違い間柱、小屋組や床組などを施す。
(3)屋根の下地を施し、サッシやドアを設置する(ガス・水道・電気などの配管配線工事も同時に実施)。
(4)外部では屋根材や外壁材を施し、内部では断熱材の充填をし、内装の下地を施す。