断熱材

【読み方:だんねつざい、分類:断熱】

断熱材は、建物の室内と室外の間で、熱が出たり入ったりすることを遮るための部材をいいます。これは、熱の伝導・伝達を阻止するためのもので、外気温の影響を和らげ、屋内の温度を一定に保つ役目をします。また、断熱材自身に建物を暖めたり冷やしたりする機能はありませんが、冷暖房器具の少ないエネルギー消費で建物内を快適に維持する機能を担っています。

一般に一戸建で最も多く使われているのはグラスウールで、その他に、同じ無機繊維系のロックウール、発泡プラスチック系のポリスチレンフォームや硬質ウレタンフォームなども使われることがあります。また、マンションでは、発泡ウレタンがよく使われています。ちなみに、一戸建では、屋根・天井、外壁、基礎の部分で断熱設計が行われています。

●無機繊維系断熱材

グラスウール、ロックウール

●木質繊維系断熱材

セルローズファイバー、インシュレーションボード

●発砲プラスチック系断熱材

ビーズ法ポリスチレンファーム、押出法ポリスチレンファーム、硬質ウレタンフォーム、ポリエチレンフォーム、フェノールフォーム

●自然素材系断熱材

綿、羊毛