雨戸

【読み方:あまど、分類:戸】

雨戸は、住宅(家)の外回りの窓などの開口部外側に取り付けられる、主に風雨を防ぐことを目的としたのことをいいます。これは、昔の和風建築のでは、開口部の外側に設けられた板戸で、一本溝の敷居の上を走り、不用時には戸袋に納められる形態でした。また、今日では、防犯や防火のために取り付けられることがあり、これらの用途を兼ねたシャッターが雨戸として用いられることも多いです。

なお、昨今では、窓ガラスが二重であるものが増えているため、強度面で雨戸やシャッターを設置しないこともよくあります(例えば、一戸建で一階は防犯上設置するが、二階は設置しないなど)。