煙感知器

【読み方:けむりかんちき、分類:機器】

煙感知器は、火災感知器の一つで、火災時に発生する煙を検出して警報を発信する感知器のことをいいます。また、感知器とは、火災により生ずる熱、火災により生ずる燃焼生成物(煙)、または火災により生ずる炎を利用して、自動的に火災の発生を感知し、火災信号または火災情報信号を受信機もしくは中継器または消火設備等に発信するものと定義されています。これより、熱を感知するものを「熱感知器」、煙を感知するものを「煙感知器」、炎を感知するものを「炎感知器」と称しています。

一般に煙は、火災が本格化する前に発生するため、煙感知器で警戒することにより、火災の早期発見に効果を発揮します。また、その種類には、検知部分に煙が入るとイオン電流が変化することを利用した「イオン化式感知器」と、検知部分に煙が入ると光量が変化することを利用した「光電式感知器」の二つのタイプがあります。なお、煙感知器は、熱感知器より火災の検出能力は高いですが、価格面は高くなっています。