内断熱

【読み方:うちだんねつ、分類:断熱】

内断熱は、断熱工法の一つで、構造躯体の室内側に断熱材を入れる工法をいいます。これは、天井からの中、床下、柱と柱の間などの躯体内の隙間にグラスウールやロックウール、ウレタンフォームなどの断熱材を充填するもので、マンション戸建てなどの住宅にも利用されています(マンションでは、外壁は内断熱、屋上は外断熱にするケースが多い)。また、木造住宅においては、などの骨組みの中に断熱材を入れる工法を「充填断熱」と呼びます。

一般に内断熱は、建物の形に融通が利き、また低コストというメリットがありますが、その一方で、外壁の温度と室内の温度に差があることから、壁体内部で結露しやすいというデメリットがあります。