仮設工事

【読み方:かせつこうじ、分類:工事】

仮設工事は、建築工事や土木工事において、工事を円滑に行うために設ける一時的な施設や設備などに関する諸工事のことをいいます。これは、住宅(戸建て)の場合、足場やネット、仮囲い、仮設トイレ、仮設電気、仮設水道、養生、清掃片付け、残材処理、運搬などが工事項目に含まれます。また、工事完了後には、仮設で設けたものは全て撤去されることになります。

一般に戸建ての仮設工事は、敷地地盤調査の後に行われ、また仮設工事の完了後に基礎工事がスタートすることになります。なお、ハウスメーカーによっては、見積りの際に安く見せるために、仮設工事を本体価格とは別扱いにしている場合もありますのでご注意ください。