パース

【読み方:ぱーす、分類:図面】

パースは、「パースぺクティブ(Perspective)」の略で、建物の外観や内部を立体的に描いた絵やイラストのことをいいます。これは、一定の図法によって描かれた透視図であり、立体的に表現することによって、図面などでは分かりにくい全体のイメージを表現します。また、建物の外観を描いたものを「外観パース」、室内を描いたものを「内観パース」と言います。

一般にパースは、未完成物件の完成予想図を描くのに用いられ、空間のイメージが分かりやすいように、人や物、風景なども合わせて描かれることが多いです。ちなみに、戸建て住宅)のパースは、ハウスメーカーの場合、最終段階のものをもらえることが多いです(顧客から言わないとくれないこともあり)。