竣工検査

【読み方:しゅんこうけんさ、分類:検査】

竣工検査は、工事がほぼ完了した時に、その施工状態をチェックするために行われる検査をいいます。通常、戸建て住宅)の場合、まず施工会社や計者・監理者などの工事責任者が、設計図書通りに建物が完成したかどうか、また発注者(施主)に対して引渡し可能な状態にあるかを検査します。そして、その後に施主が立ち会って検査(チェック)を行うのが一般的です(これを「施主検査」と呼ぶ)。また、この時点で不具合が見つかった場合には手直しを行い、その仕上がりを確認し、最後に清掃など全てが完了してから施主に引き渡されます。

なお、竣工検査とは別に、自治体の建築主事などが建築基準法に基づいて行う建物の検査を「完了検査」と言います。