CD管

【読み方:しーでぃーかん、分類:設備】

CD管は、正式には「合成樹脂製可とう電線管(Combined Duct)」と呼ばれ、建物建築が終わってから電話線や光回線、CATVのケーブルなどを通すために、先行して施工するプラスチック製の配管材をいいます。通常、戸建て住宅)の新築では、どこに何の回線を通すかを予め考えておく必要があり、CD管の位置は電気設備図などに記載されます。