スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)

【読み方:すうぇーでんしきさうんでぃんぐしけん、分類:調査】

スウェーデン式サウンディング試験(Swedish weight sounding test)は、「SS試験」とも呼ばれ、 戸建て住宅向けに普及している、簡易的な地盤調査の手法の一つをいいます。これは、敷地の四隅に先端がスクリュー状になった鉄の棒を差し、回転貫入させて地盤の強さを判定するもので、特に浅い部分で精度の高いデータを取ることができます。

具体的には、ロッド(鉄管)の先端に「スクリューポイント」と呼ばれる円錐形の錐を付けて地面に突き立て、段階的に100kgまでの鉄の重りを載せた時の沈み具合を測定します。また、ロッドが下がらない場合は、ハンドルを付けて回転させながら貫入させ、その回転数(Nsw)を25cm毎に最大10mまで記録します。通常、本調査は、専門業者が現地で半日(数時間)程度かけて行い、そのデータを基に調査レポートが後日作成されます。

ちなみに、スウェーデン式サウンディング試験は、北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に路盤の調査を目的として採用し、その後、スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、1954年頃に建設省が堤防の地盤調査として導入したのが日本での始まりだそうです(1976年にはJIS規格に制定)。