網入りガラス

【読み方:あみいりがらす、分類:ガラス】

網入りガラスは、「線入りガラス」や「ワイヤー入りガラス」とも呼ばれ、ガラスに金網(ワイヤー)を封入したガラスのことをいいます。これは、火災で破損した場合でも、中に封入されている網により破片を支えて、崩れ落ちたり孔が開いたりするのを防ぐため、火災や火の粉の侵入を遮断し、開口部からの延焼などを防ぐ効果があります。また、ヒシワイヤーやクロスワイヤーなどの網入りガラスは、建設省告示1360号に規定される防火設備用ガラスとして利用されています。

なお、網入りガラスは、ワイヤーが入っているので防犯上有効のように思われますが、実際はガラスを割って引きちぎることができるので、防犯効果はあまり期待できません。