型ガラス/型板ガラス

【読み方:かたがらす、分類:ガラス】

型ガラスは、「型板ガラス」とも呼ばれ、ガラスの表面に凸凹(型模様)を付けたガラスのことをいいます。これは、主にロールアウト法によって、ガラス素板を引き出す際に、片面に型ロールを使うことによりガラス表面に模様を施したり、不透明にしたもので、主な用途として、光は通したいけど視界は遮りたい場合に使用されます。また、その型模様には、かすみ(霞)や梨地、ミストロンなどがあります。

一般に型ガラスは、戸建て住宅)においては、浴室の窓、洗面所の窓、トイレの窓、階段の窓、通りに面した窓など、屋外からの透視を避けたり、屋内のプライバシーを守るために設けられます。