スキップフロア/ステップフロア

【読み方:すきっぷふろあ、分類:構造】

スキップフロアは、「ステップフロア」とも呼ばれ、建物において、同じ空間の中で階段を介して床の高さが変化する構成のものをいいます。これは、戸建て住宅)の場合、高さの変化があるを設け、空間に変化を付ける空間構成手法であり、上下の空間を分割・結合する効果が生まれます。例えば、1階と2階の間に半階ずらしたフロア(中2階)をうまく設けると、居住空間の開放性や利便性を高めることができます。

なお、スキップフロアは、マンションにおいては、1階または2階おきに廊下を設け、エレベータは廊下のある階にだけ停止し、その上下階の住戸へは階段を利用するようにした型式を指すこともあります。(この型式では、廊下のない階では、プライバシーが確保でき、通風や採光も良い)