火打梁

【読み方:ひうちばり、分類:補強材】

火打梁は、木造住宅において、二階や三階の小屋組などにおいて、直交する横架材が変形しないように補強するために、縦方向と横方向の横架材の接合部に斜めに入れる部材をいいます。これは、地震や台風などの時に発生する水平力による変形を防止する役目があります。また、火打梁に対して、一階に同様に入れるものを「火打土台」と言います。

なお、今日では、鋼製でできた既製品の火打金物を使うことが多くなってきており、また剛床工法(根太レス工法)では、火打梁を省くことができます。