雑巾摺

【読み方:ぞうきんずり、分類:内装】

雑巾摺は、住宅において、地板との取合(接合部分)に設ける見切材(細い横木)のことをいいます。これは、押入れの床面と壁面の接合部分、床の間の地板と壁面の接合部分などに多く用いられています。また、主な役割は、床面や地板の掃除をする時に、付近の壁面を汚さないように保護することです。ちなみに、その名称は、雑巾がけの際に、雑巾の端がこの部材をスルことに由来するそうです。