戸当り

【読み方:とあたり、分類:戸】

戸当りは、ドア)を開閉する時に、の動きを制御する部分のことをいいます。これは、戸の種類と開閉により、以下の三つを指します。

(1)開き戸を閉める時に、扉が行き過ぎないように建具枠に取り付けた突起物のこと。

(2)開き戸を開ける時に、にドアノブなどが直接当たらないように取り付けたもの。これには、扉の下部(幅木)に設置する「戸当たり金物」や扉の上部に設置する「アームストッパー」などがある。

(3)引き戸を開閉した時に、戸の当たるや建具枠の部分のこと。