Q値/熱損失係数

【読み方:きゅーち、分類:断熱】

Q値は、「熱損失係数」とも呼ばれ、建物全体で一定の時間に熱がどれだけ失われるかを示した値をいいます。これは、住宅の総合的な断熱性能を示す指標の一つで、簡単に言えば、室内外の温度差が1度の時、建物全体から1時間に床面積1平方メートル当たりに逃げ出す熱量のことです。具体的には、屋根などを伝わって熱が逃げていく熱貫流によるロスと、換気や漏気などによるロスを合計して、延床面積で割って計算されます。

一般にQ値が小さいほど、断熱性能や気密性が高いことを示します。また、本指標で、構造や規模の違う建物の省エネルギー性能の違いを比較することができます。なお、省エネ法では、全国を6地区に分けて、基準となるQ値が決められています。