熱線吸収ガラス

【読み方:ねつせんきゅうしゅうがらす、分類:ガラス】

熱線吸収ガラスは、「赤外線吸収ガラス」とも呼ばれ、通常のガラスの原料に微量の鉄・ニッケル・コバルト等の金属を加えて着色した板ガラスをいいます。これは、透明な板ガラスに比べて、太陽の日射エネルギーをより多く吸収し、赤外線や可視光線、紫外線などの透過を適度に収める性質を持っています。そのため、冷房負荷を軽減し、より快適な室内環境を作り出します。

ちなみに、昼間は、室内側が暗い場合、可視光線の吸収で外から室内が見えにくくなるため、プライバシーが守られ、一方で室内からは、ごく普通に外を眺められます。