政府管掌健康保険(政管健保)

【読み方:せいふかんしょうけんこうほけん、分類:医療】

政府管掌健康保険は、「政管健保」とも呼ばれ、2008年9月まで、政府が事務手続きを含めて運営を行っていた健康保険(公的医療保険)をいいます。これは、健康保険組合を持たない中小企業等の従業員とその家族が対象で、実際の運営は社会保険庁が担当し、保険適用事務や保険料徴収、保険給付事務などは、社会保険庁の窓口機関である地方社会保険事務局や社会保険事務所で行っていました。

2000年代後半の社会保険庁改革により、政府管掌健康保険は、2008年10月から新たに設立された全国健康保険協会に引き継がれました。その際に保険料については、全国一律の保険料率から、地域の医療費の違いを反映した都道府県単位の保険料率に移行しました。なお、医療機関で受診した場合の自己負担の割合や高額な医療費の場合の負担限度額、傷病手当金等の現金給付の金額や要件など、健康保険の給付内容については、協会移行後も従来と変わっていません。