離職票

【読み方:りしょくひょう、分類:雇用】

離職票は、「雇用保険被保険者離職票」の略で、会社等を離職(退職)した際に事業主から提出される雇用保険被保険者離職証明書(離職証明書)に基づいて、公共職業安定所(ハローワーク)から交付される書類をいいます。これは、失業等給付金の振込先などを指定する「離職票-1」と、離職日以前の賃金支払状況等や退職理由などが記載された「離職票-2」の二つから構成されます。

一般に離職票は、退職後に事業主から郵送等で受け取り、それには過去半年間の賃金や退職理由、出社日などが記載され、ハローワークが失業等給付(基本手当)を支給する際の参考資料になります。そのため、内容面に相違があると、基本手当で損するケースがあるので、よくチェックすることが必要です。通常、離職票は、退職後10日前後で受け取ることができますが、2週間が経過しても手元に届かない場合は事業主に請求できます。

なお、事業主は、従業員が雇用保険の資格を喪失した日(退職日の翌日)から起算して10日以内に、本人から離職票は不要という意思表示がない限り、ハローワークに離職証明書を届け出なければなりません。