入院時生活療養費

【読み方:にゅういんじせいかつりょうようひ、分類:医療】

入院時生活療養費は、療養病床※に入院する65歳以上の方(入院患者)の生活療養(食事療養ならびに温度、照明及び給水に関する適切な療養環境の形成である療養)にかかる費用の額から、標準負担額(自己負担額)を控除した額を公的医療保険が負担してくれるものです。これは、公的介護保険との均衡の観点から保険給付として支給されるもので、また入院患者が負担する標準負担額については、住民税非課税世帯や低年金者など所得の低い方については負担が軽減されています。

一般に入院時生活療養費の額は、「厚生労働大臣が定める基準に従って算出した生活療養費の額」から、「平均的な家計における食費や居住費等を勘案して厚生労働大臣が定める標準負担額」を控除した額となっています。

※療養病床:主として長期にわたり療養を必要とする方のための病床。