株式市場の変動要因は?

世の中において、株式市場は「経済のバロメーター」と言われ、マクロ的要因(市場内外の一般情勢)からミクロ的要因(個別の銘柄動向)まで幅広く織り込みながら日々動いています。また、各要因は、相互に影響し合っています。

一般に株式投資においては、個別銘柄を選ぶ際に、ミクロ的要因についてよく考えなければなりませんが、同時にマクロ的要因についてもよく考えなければ、大局的な判断を誤ってしまいます。そのため、効果的な株式投資を行うためには、マクロ的要因とミクロ要因の両方をしっかりと考えることが必要です。

ここでは、株式市場を大局的に捉えるために、主にマクロ的要因について取り上げてみます。なお、マクロ的要因は、さらに「市場内」と「市場外」の2つに分けることができます。

株式市場内のマクロ的要因

株式市場において、市場内のマクロ的要因には、以下のようなものがあります。

・その時々のマーケットテーマ
-IT、バイオ、エネルギー、インフラ、フィンテック、環境・・・
・株式の需給バランス
-市場への資金の流入状況
・市場参加者の投資マインド
強気、中立、弱気
・市場参加者の動き
外国人投資家個人投資家、投信、証券会社などの動向
・テクニカル要因による視点
騰落レシオ、裁定残高、NT倍率信用残信用評価損益率・・・

株式市場外のマクロ的要因

株式市場において、市場外のマクロ的要因には、以下のようなものがあります。

・国内外の経済動向
-ファンダメンタルズ(経済指標)、景気、企業業績・・・
・国内外の政治動向
-政策、選挙、政権交代・・・
・国内外の社会情勢(国際情勢)
-地域紛争、資源問題、人口問題、テロ事件、自然災害・・・
・各市場(外為、債券、短期金融、商品)の動向
-為替動向、金利動向、商品市況・・・