個別銘柄の分析尺度は?

株式投資において、個別銘柄の投資判断をする際に「分析尺度」となるものは一体何でしょうか? これについては、出来高や信用取引残高、PERPBRROE配当利回りなど様々なものがあります。また、株価の値動きを示した「チャート」は、株価の短期・中期・長期の位置付けを見る上で基本となります。

ここでは、個別銘柄の分析尺度について、「取引の動きに関わるもの」と「企業の評価に関わるもの」とに分けて、主要なものを簡単に整理してみました。

個別銘柄の「取引の動き」に関わる分析尺度

個別銘柄の分析尺度には、「取引の動き」に関わるものとして、以下が挙げられます。

・出来高(売買高)
-売買が成立した株式数 → その銘柄の活況度を判断
・信用取引残高
-買い残高の増加 → 当面の相場は強気、将来の売要因
-売り残高の増加 → 当面の相場は弱気、将来の買要因
・注文状況(板状況)
-売り買いの各値段による注文残高 → 当日の取引状況を判断

個別銘柄の「企業の評価」に関わる分析尺度

個別銘柄の分析尺度には、「企業の評価」に関わるものとして、以下が挙げられます。

・PER(株価収益率)
-株価を1株利益で割って計算 → 利益面での割安・割高を判断
・PBR(株価純資産倍率)
-株価を1株当たりの純資産で割って計算 → 資産面での割安・割高を判断
・ROE(株主資本利益率)
-利益を株主資本で割って計算 → 株主資本の有効利用度を判断
・配当利回り
-株価に対する年間配当金の割合 → 配当を重視する場合に検討