医療費控除とは何か?

医療費控は、所得控除の一つで、自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、一定の金額を差し引ける控除のことをいいます。また、所得控除とは、課税所得金額を算出するにあたり、各納税者の個人的事情を加味しようとすることを目的に設けられたもので、所得金額から一定の金額を差し引ける控除のことをいいます。

一般に医療費控除を受けるにあたっては、本控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出すると共に、医療費の支出を証明する書類(領収書等)については、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示する必要があります。(給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票の原本を申告書に添付)

医療費控除の対象となる医療費の要件

対象となる医療費は、下記の二つの要件を満たす必要があります。

(1)納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること
(2)その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること

医療費控除の対象となる金額

実際に対象となる金額は、下記の式で計算した金額(最高で200万円)となります。

対象となる金額=(実際に支払った医療費の合計額-(ア)の金額)-(イ)の金額

(ア)保険金などで補てんされる金額
(イ)10万円(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額)