課税証明書

【読み方:かぜいしょうめいしょ、分類:書類】

課税証明書は、市区町村の役所で交付される、各年1月1日から12月31日までの一年間の所得に基づいて算定した「住民税(道府県民税と市町村民税)の税額」を証明したものをいいます。これは、住民税が「課税」であることを示すもので、具体的には、課税年度、課税年度の1月1日現在の住所・氏名、所得種類、所得控除額、所得金額、課税標準額、住民税の年税額、扶養者の人数などが証明(記載)項目としてあります(証明書には「記載省略なし」と「記載省略あり」の二つがあり)。また、本証明には、一年間の所得金額が記載されるため、「所得証明書」と呼ばれることもあります。

一般に住民税は、各年1月1日から12月31日までの一年間の所得に基づいて税額を計算し、翌年の6月に課税しているため、「所得のあった年」と「証明する年度(課税年度)」は一年ずれることになり、実際に証明書を請求する際には、証明を希望する年度の違いに注意する必要があります。なお、証明書の交付にあたっては、所定の手数料がかかります(本人または委任状のある代理人が請求)。