納税

【読み方:のうぜい、分類:税務】

納税は、個人(国民・住民)や法人(企業・団体等)が、国や地方公共団体(都道府県・市区町村)に対して、税金を納めることをいいます。また、これに対して、国や地方公共団体が、租税を対象となる義務者に割り当てることを「課税」と言います。

現在、日本国憲法では、国民の三大義務として「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」を定めており、その中で納税の義務は、第30条において「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ」と記されています。