税源

【読み方:ぜいげん、分類:税制】

税源は、租税が事実上支払われる源(源泉)をいいます。現在、日本の税制においては、個人や法人の納税者所得(収入)が税源の中心となりますが、その他にも、相続税のように、個人の納税者の財産も税源の対象となります。なお、似たような用語に「財源」がありますが、これは収入を生み出すもとや、あることに必要な金銭(その金の出所)を意味します。