血税

【読み方:けつぜい、分類:概念】

血税は、負担の重い税金や過酷な税金のことをいいます。これは、元々は、1872年(明治5年)の太政官告諭の「西人之を称して血税とす。その生血を以て国に報ずるの謂なり」で、兵役(徴兵)の義務を「血税」と称したことに由来するものです。また、今日では、血のにじむような努力をして納めた(納める)税金のことを意味し、官公庁(役所)の無駄遣いや不適切な支出、政治家の不祥事などのニュース(記事)で見かけることがあります。

金融知識ガイド

税金用語集