陰陽足

【読み方:いんようあし、分類:ローソク足】

陰陽足は、足の陽転・陰転で、相場のトレンドと勢いを判断するものをいいます。これは、当日までの一定期間の終値平均値と、前日までの一定期間の終値平均値を用い、前日平均値より当日平均値が高い場合は陽線、低い場合は陰線を描きます(始値終値のみで作成されるため、ヒゲはなし)。

・始値:前日までの一定期間の終値平均値
・終値:当日までの一定期間の終値平均値

一般に陰陽足が陽転した時に上昇トレンドが始まったとし、一方で陰転した時に下降トレンドが始まったとします。また、短期・中期・長期の陰陽足がそれぞれ、短期・中期・長期のトレンドに対応します。通常、短期・中期・長期の陰陽足が揃って陽転した時が買い、一方で短期・中期・長期の陰陽足が揃って陰転した時が売りと判断されます。

※陰陽足は、上記の意味以外に、陰足と陽足を総称した「ローソク足」のことを言う場合もある。