下ヒゲ

【読み方:したひげ、分類:ローソク足】

下ヒゲは、「下影」とも呼ばれ、チャートのローソク足において、実体と呼ばれる長方形(太線)の下に伸びる線(細線)の部分のことをいいます。これは、始値終値で囲まれた長方形の部分を突き出た線の部分であり、安値からの始値または終値の値幅を表します。

一般に下ヒゲは、一旦は安値まで下落したものの、下値で買いが強まって、相場が押し上げられたことを示します。一方で、上に伸びている線を「上ヒゲ」と言い、一旦は高値まで上昇したものの、上値で売りが強まって相場が下がったことを示します。