下値支持線

【読み方:したねしじせん、分類:チャート】

下値支持線は、「サポートライン」とも呼ばれ、マーケット(市場)で売買する際の参考水準となるもので、相場が下落した時に、下げ止まる(その水準よりも下落しない)と思われるポイント(価格帯)のことをいいます。これは、価格の下降局面において、買い支えが強く働く水準であり、現在、算出方法は様々で、市場参加者は投資スタイルやその時々の相場環境に応じて適切と思われるものを活用しています。その中でも、チャート上で複数の安値(下値)を結んだ「トレンドライン」を下値支持線とするのが代表的な手法として知られているほか、フィボナッチ数(黄金比)を用いて下値支持線を算出したり、移動平均を下値支持線として活用したりすることもあります。

一般に市場参加者の多くは、下値支持線を意識して日々取引を行っており、この水準を巡る攻防が市場における値動きの転換点となることがあります。また、相場の売りエネルギーが強く、下値支持線を割った場合は、この水準が今後の上値抵抗線(レジスタンスライン)として意識されることも多いです。