レクタングル・フォーメーション

【英語名:Rectangle formation、分類:チャート】

レクタングル・フォーメーションは、2本の水平な平行線の間を価格が横ばいに動く「もみ合い相場」のチャートパターンをいいます。これは、「rectangle(レクタングル)」が日本語で「長方形や矩形」を意味することに由来し、トレンドのモメンタムが一旦休止した状態を表しています。

一般にレクタングル・フォーメーションは、トレンドの調整や地固め、様子見などの局面であり、また上下いずれかの値幅ラインをブレイク(突破)すると、次のトレンドの方向が示されます。通常、経験則では、それまでのトレンドと同じ方向に動き出すことが多いと言われています。