アイランド・リバーサル

【英語名:Island reversal、分類:チャート】

アイランド・リバーサルは、株価外国為替などのチャートにおいて、離れ小島のように見える部分をいいます。これは、相場が上または下に窓(ギャップ)を開けた後に反転し、再度ギャップを開けて元のレベルへ戻った際に形成されるもので、また離れ小島を形成するローソク足については、単独の場合もあれば複数の場合もあります(チャート的には、窓を埋めることができない弱い形と言える)。

一般にアイランド・リバーサルは、相場の転換(反転)を判断するチャート現象の一つであり、通常、上昇トレンドに出現すると天井のサインとして、また下降トレンドに出現するとのサインとして捉えられることが多いです。