純銀上場信託(現物国内保管型)

純銀上場信託(現物国内保管型)は、銀地金(貴金属現物)に裏づけされている内国商品現物型ETFをいいます(愛称は「銀の果実」)。これは、指標価格が国内の商品先物取引市場(東京商品取引所)における銀の先物価格から評価した「銀地金の現在の理論価格(グラム・円)」となっています。また、本ファンドを裏づける銀地金は、国内で保管されており、一定口数以上で銀現物との交換が可能になっています。

一般に銀(シルバー)は、金(ゴールド)と似た値動きをしやすい一方で(値動きは金より激しい)、金に比べると工業用の需要が大きいため、景気動向に左右されやすいといった特徴があります。

ファンドの基本情報

銘柄名 純銀上場信託(現物国内保管型)〔略称:〕
連動対象 銀地金100グラムの現在価値(理論価格)
収益分配 なし
信託報酬 0.5%
管理会社 三菱UFJ信託銀行

ファンドの取引情報

上場市場 東京証券取引所
カテゴリー 商品・商品指数
銘柄コード 1542
上場日 2010年7月2日
売買単位 1口

金融商品ガイド

基本商品解説

連動対象カテゴリー