国内金先物価格連動型上場投信

国内金先物価格連動型上場投信は、みずほ投信投資顧問が管理する、東京商品取引所(TOCOM)におけるTOCOM金先物の期先限月の清算値(帳入値段)を対象指標とし、取引所商品先物取引を用いて、対象指標に連動する投資成果を目指すETF(上場投資信託)をいいます。これは、信託財産の一部をTOCOMの金先物取引の証拠金として差し入れ、純資産総額に相当する金先物取引の建玉買い建て、また、それ以外の信託財産は短期公社債等で運用します。

一般に金(ゴールド)には「通貨的価値」と「希少的価値」の2つの資産的価値があり、通貨的価値については、その時々の経済・金融情勢などを反映して上下するのに対して、稀少的価値については、時代や地域を超えて、その需要は年々高まる傾向にあります。

ファンドの基本情報

銘柄名 国内金先物価格連動型上場投信〔略称:金先物連動ETF〕
連動対象 TOCOM金先物の期先限月の清算値
収益分配 年1回(1月17日)
信託報酬 0.45%
管理会社 みずほ投信投資顧問

ファンドの取引情報

上場市場 東京証券取引所
カテゴリー 商品・商品指数
銘柄コード 1683
上場日 2010年2月15日
売買単位 10口

金融商品ガイド

基本商品解説

連動対象カテゴリー